柏木 健司

准教授, 博士(理学)  大阪市立大学 2002年3月

Pureの文献数とScopusの被引用数に基づいて算出されます
20012023

年別の研究成果

研究者プロファイル

学内職務経歴

地球科学科(廃止) 准教授 2005/10/01-2018/03/31
地球環境システム学系 准教授 2006/04/01-2019/09/30
自然環境科学科 准教授 2018/04/01-2019/09/30
自然環境科学科 准教授 2019/10/01-
理学系 准教授 2019/10/01-
理学部理学科 基幹教員
学部運営への参画状況・・・有-教授会
担当授業科目に係る状況・・・主要授業科目担当

所属学会

日本地質学会 所属期間:1995/04-
日本地すべり学会 所属期間:1995/04-
日本哺乳類学会 所属期間:2017/05-
日本古生物学会 所属期間:1995/04-
富山県生物学会 所属期間:2010/04-
富山地学会 所属期間:2010/04-
富山古生物研究会 所属期間:2017/04-
富山応用地質研究会 所属期間:2009/04-2019/03
三重自然誌の会 所属期間:2010/04-
日本霊長類学会 所属期間:2012/01-
地学オリンピック 所属期間:2012/04-

研究概要

放散虫化石を用いた中古生界堆積岩類の岩相層序の研究を主とし,とくに北陸地方に広範に露出する中部ジュラ系-下部白亜系中部の手取層群の岩相層序学的研究を進めている.陸成層を主体とする手取層群において,海成層に焦点を当てて放散虫化石に基づく海洋古地理の復元に取り組んでいる.また,日本海形成前後から第四紀にかけての最近2000万年間を対象に,大型動植物化石を用いた古環境解析を進めており,現在はとくに板鰓類化石に注目している.また,洞窟を研究場として,古脊椎動物や現生哺乳類の観察に基づく,哺乳類化石の化石化過程の研究を,黒部峡谷のサル穴で継続的に進めている.

研究分野・キーワード

  • 洞窟
  • 古生物
  • 放散虫
  • 哺乳類
  • 陸産貝類

専門分野(科研費分類)

  • 層位・古生物学

フィンガープリント

Kenji Kashiwagiが活動している研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この研究者の研究成果に基づきます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。
  • 1 類似のプロファイル

過去5年の共同研究と上位研究分野

国/地域レベルにおける最近の外部共同研究。点をクリックして詳細を開くか、または