田中 大祐

教授, 博士(医学) 金沢大学 2003年9月

Pureの文献数とScopusの被引用数に基づいて算出されます
1995 …2024

年別の研究成果

研究者プロファイル

学内職務経歴

自然環境科学科 教授 2013/04/01-2019/09/30
地球環境システム学系 教授 2013/04/01-2019/09/30
自然環境科学科 教授 2019/10/01-
理学系 教授 2019/10/01-
理学部理学科 基幹教員
学部運営への参画状況・・・有-教授会
担当授業科目に係る状況・・・主要授業科目担当

所属学会

日本環境毒性学会 所属期間:2006/08-
日本微生物生態学会 所属期間:2006/08-
日本水処理生物学会 所属期間:2006/08-
日本水環境学会 所属期間:2006/08-
日本エアロゾル学会 所属期間:2009/03-

UN SDGに関連する専門知識

2015年に、国連 (UN) 加盟国は、貧困を終わらせ、地球を保護し、すべての人の繁栄を保証するための17の全世界での持続可能な開発目標 (SDG) に合意しました。この人物の研究は、次のSDGに貢献しています。

  • SDG 6 - 安全な水とトイレを世界に

研究分野・キーワード

  • 環境微生物学

専門分野(科研費分類)

  • 環境技術・環境負荷低減
  • 環境影響評価

フィンガープリント

Daisuke Tanakaが活動している研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この研究者の研究成果に基づきます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。
  • 1 類似のプロファイル

過去5年の共同研究と上位研究分野

国/地域レベルにおける最近の外部共同研究。点をクリックして詳細を開くか、または